乳酸菌と歯周病

乳酸菌と歯周病の関係とは

乳酸菌と歯周病の関係とは

乳酸菌と歯周病の関係とは、どのようなものかというと、実は乳酸菌には歯周病を防ぐ働きがあるのです。体には500兆個以上の細菌が棲んでいますが、菌の中で良い働きをしてくれるのが乳酸菌です。人間のだ液の中で発見された乳酸菌LS1は、歯周病菌や虫歯菌を抑えるはたらきがあります。乳酸菌LS1には、24時間で歯周病菌を殺す力があると言われています。乳酸菌LS1は、健康な人間の口の中から分離された乳酸菌であり、歯周病菌を死滅させ、口腔内細菌を健常化する善玉菌としての働きがあります。歯周病菌に対する効果については、歯周病学会でもしっかり検証されていて確認されています。ただ、乳酸菌LS1に対する歯周病の効果は、やめると次第にその数を減らしていくので、ある程度は、継続して摂取する必要があります。1ヶ月〜3ヶ月くらいは摂取し続けるのがよいとされています。口の中は腸の中と同じようにたくさんの細菌が住んでいるので、歯周病はしっかりケアしないと進行しやすいです。乳酸菌LS1は、悪玉菌を排除する力があるので、口の中が健康になり、歯周病を予防することができます。

 

 

人気の美顔器


2016/03/18 20:05:18 |

市販で売られている商品を使って歯のホワイトニングを行うことができるってご存知でしたでしょうか。歯の黄ばみや汚れ、またくすんだような色が気になる。真っ白な歯でいたい、そう考えてホワイトニングを希望している場合には自宅でもホワイトニングのためのケアを行うことができます。ホワイトニングのセルフケアを行うにあたって市販で販売されているホワイトニング用のアイテムを紹介していきたいと思います。毎日歯を磨くときには歯磨き粉を使用しますよね。その時のアイテム、歯磨き粉をホワイトニング専用である美白歯磨き粉に変えるんです。美白歯磨き粉を毎日の歯磨きの際に使用することによってきれいな真っ白な歯を手に入れることができるんですね。美白歯磨き粉は市販されているので気軽に購入することが可能です。ライオンのブリリアントモアという製品は人気が高くて口コミでも人気となっています。また歯磨き粉だけでなく歯のマニキュアや歯の消しゴムという商品も販売されているのですが、そういった商品を使用するというのも一つの方法だと思います。

 

 

コンタクトレンズ洗浄機

2016/03/18 20:04:18 |

 

白くてきれいな歯でいたいものだと思いますが、でもなかなか難しいんですよね。どうしても歯の黄ばみだったり汚れが目立ってしまうというケースもあります。そんな嫌な歯の汚れを改善させるためにホワイトニングという方法が最近話題になっています。美容としてもホワイトニングを取り入れられている方も少なくないですね。そんなホワイトニングについてなんですが、歯医者で行うというイメージが強いことかと思います。歯医者で歯のホワイトニングの治療を受けて歯を白くするというイメージですが、実は自宅でも歯のケアを丁寧に行うことによって歯のホワイトニングを自分で行うこともできるのです。確かに歯医者で適切な治療を行った方がより確実的な効果を得ることはできるのですが、自宅でのケアもホワイトニングを行うのにおいてとても大切なことなんですね。自宅で行うことができるケアは歯磨きです。歯磨きの際に美白用の歯磨き粉を使用することが大切なんです。歯医者で行うホワイトニングには効果が落ちるかもしれませんが、毎日続けて行うことが大切なんです。

 

脱毛器